スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長すぎた。

熱い試合を終えて、チーム自体は強くなって、戦えるチームになってきているのを感じます。
しかーし、今日のは納得いきません。
もちろん、張り詰めつづけるなんて人間できません。ましてや中学女子。いろいろありますよね。

ただサッカーできればいい。プレーすれば楽しい。
そこからサッカーをもっと好きになっていくし、好きだからもっと上手くなりたいって思うんだよね。
でも、中学生になると、ちょっと変わってくるよね。
やならきゃいけないこと、やりたくないけどやななきゃいけないこと、やりたいけど上手くいかないこと。いろいろ増えてくるんだよね。

そして、そんなに全部できない自分に落ち込んだり、上手くいかない自分を責めたり。
自分に腹が立ったり、自信がなくなったりするよね。

私もありましたよ。
その時、たまたま見た本にこんなのがあったのよ。

「私は、サッカーやりたくありません。」
「私は、上手くなりたくない。」
「私は、試合で勝ちたくありません。」    
声に出していってごらん。

その時、胸の奥はどんな感じですか?

もし、しっくり来たら、言葉通り。
ザワザワなんか嫌な感じがしたら、その言葉は本心じゃない。
自分の奥の奥の、魂の意志を探ってごらん。

私はアホだから、すぐに影響されて、試したら、ザワツクザワツク、サッカーやりたいって改めて思ったよ。

同じこと思え!なんて思ってないけど、みんなにずっとサッカーを好きでいて欲しいと願うし。
自分を責めたりすることや、気力の減退を少しでも止めたい。

なんて考えてたら、またいい文章見つけちゃったよ。
しつもんメンタルトレーニングの藤代さんの文章。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前向きな選手たちは、
自分自身に前向きな問いかけを
しています。

「どうすればうまくいくだろう?」
「この失敗からの学びはなんだろう」
「次にどう活かそう?」

一方で、
物事をマイナスに捉えやすい選手は

「どうしていつも僕なんだろう?」
「なんでミスしたんだろう?」

と、
自分を責めるような問いかけを
してしまいます。

どんな問いかけをするか?が、
とても大切です。

ミスを引きずらずに、
前向きな思考を育むポイントは
以下の3つですが、

1.事実を見つける
2.変えることに集中する
3.行動する

いますぐにはじめられることは、

「どのようにすれば?」

という問いかけをすること。

「どのようにすれば、
 次はうまくいくだろう?」

そう問いかけるだけで、
落ち込んでいた選手でも、
アイデアや改善策を教えてくれます。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

タイミングばっちりな内容じゃないですか。藤代さんありがとうございました。

というわけで長くなっちゃいましたけど、

自分を責めたり、自信をなくして、サッカーやりたくないなんて言うなんてもったいない。(俺が勝手に感じただけ)
もっと上手く、強くなれる時期に、力を出さない、出せないことはもったいない。
エルマナを信じろ。俺を信じろ。
絶対いい思い。よかったと思えるよう力を尽くすから。

継続は力なり。
乗り越えられない壁はない。
やりきった人、本気で打ち込んだ人にだけ味わえる何かがある。

変わるなら今しかない。

好きなことに、一生懸命打ち込むことができたら、絶対、他の事も上手くいくようになる。私はそう信じています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sumiosumio

Author:sumiosumio
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。