スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れ会3




昨日のお別れ会に参加できなかった、石尾コーチからメッセージが届きました。
彼はチームに新しい風と熱を持ってきてくれました。
自分が以前指導していたチームの選手が、このように帰ってきてくれて手伝ってくれていることに、感謝しています。そして自分が築いてきたこのチームに活動に確信を持てました。ありがとうございます。






ではでは、メッセージです。



3年生のみんなへ

こんばんは。
エルマナコーチの石尾です。

昨日はお別れ会に行けなくてごめんなさい。
どうしてもお仕事を休むことができず、残念ながら不参加となってしまいました。
なので、簡単にはなりますが、大学から、メーリスを使って最後にメッセージを送らせてもらいます。

改めまして、エルマナ、そして、中学校の卒業おめでとう。
最終的にみんなが望んだ次のステップを自らの手でつかみとったこと、自分のことのように嬉しく思います。
今までも、今も、これからも、小さいことも大きいことも、人生は「選択」の連続。
自分の毎日の選択に責任を持ち、その道を突き進むことができる人であり続けてね。

さて、最後にコーチから伝えたいことは2つ。
是非、これから広がるみんなの無限の可能性を秘めたミライに、持って行ってください。

まず一つ目、「それでもなお」、という言葉です。
エルマナが、星野コーチがずっと目指しつつけているもの、それは、「サッカーを通じた人財育成」です。
HPにも掲載されている通り、エルマナの卒業生には、
「隣で困っている人がいたら自然と手を差し伸べ笑顔にすることができる。
周りに自然と人が集まってきて、みんなを幸せにすることができる。」
そんな魅力的な女性になってほしいと思っています。
だから、いつも忘れないでほしい。ずっと伝え続けてきたことを。

どれだけ努力しても結果はでないかもしれない。それでもなお、自らの可能性を信じて戦い続けなさい。
勝利を手にすれば、嘘の友達と本物の敵を得るかもしれない。それでもなお、勝ち続けなさい。
人は自己中心的でわからず屋でわがままです。それでもなお、人を愛しなさい。
今日良いことをしても明日には忘れられるかもしれない。それでもなお、人のために良いことをしなさい。
正直で素直であればあるほど危険かもしれない。それでもなお、まっすぐに人を信じなさい。
何年もかけて創り上げたものは一瞬で崩れるかもしれない。それでもなお、築き上げなさい。
その先に、きっと、みんなだけの幸せで笑顔がいっぱいの人生が待ってると思うよ(^^)

そして二つ目、ココに「帰ってくる場所」があることを一生忘れないで下さい。
みんなはエルマナに希望の光をもたらしてくれました。
これから進むべき道を、力強く、ハッキリと示してくれました。
私たちコーチ陣が貫いていたものが、信じ続けていたものが、「間違っていなかった」ことを、サッカー面はもちろん、立派な“大人の女性”へと成長して教えてくれました。

これからも星野コーチを筆頭に、現2年生たちと共に、チームのさらなる発展を求めて突き進んでいきます。
みんなが愛したこの場所をずっとずっと残していけるように。
その想いをつないでいけるように。

どんなに辛いことがあってもコーチたちを信じてついてきてくれたことが私たちのエネルギーへと変わり、自信につながり、次年度に向けてチームを革新していく原動力となりました。本当にありがとう。

コーチが来たのは2014年5月。
みんなと一緒にボールを追いかけられたのは実質約半年。
もっと、もっともっと一緒に夢をおいかけたかったな。
もっと、もっともっとサッカーのことも、人生のことも伝えてあげたかったな。
でも、一緒に過ごしてきた日々に悔いは一切ありません。
星野コーチにもいっぱいいっぱいわがまま言って、チームにたくさんの変化を生みました。
それまで求められていなかった多くのものを課しました。
きっと、「辛い」ことばかりが何倍にも増えたと思います。
でも、最後まで信じてついてきてくれてありがとう。
そして、エルマナをまだいったことのない世界に、新しいフェーズに導いてくれてありがとう。

みんなはコーチにとって自慢の教え子であり、人生を通じて大切にしたい宝物です。
社会人になり、一度サッカーから離れていたコーチに、改めてサッカーの楽しさや、ワクワク、興奮、感動、そして、美しさを思い出させてくれました。
仕事で疲れていようと、なんだろうと、お金のためじゃなく自らの「使命」のために働く豊かさを教えてくれました。
本当にありがとうございました。

最後になりましたが、保護者の皆様、皆様の何よりも大切な宝物の娘様と出会わせて頂き、そして、サッカーを通じてつながらせて頂き、誠にありがとうございました。
どこの馬の骨かも分からない私がグラウンドで可愛い娘に厳しい言葉を浴びせる姿に違和感を覚えられた方もいらっしゃったかと思いますが、最後まで温かく見守って頂きましたことに、重ねて御礼申し上げます。

改めまして、3年生のみんな、たった10ヶ月間だったけど、本当にありがとう。
卒業、おめでとう。
そして、これからもずっとよろしくね。

FC Hermanaスタッフ 石尾潤
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sumiosumio

Author:sumiosumio
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。